に投稿 コメントを残す

品質の良い蜂蜜の条件について調べた

品質の良い蜂蜜の条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)は、人工的な添加物を加えていないこと、もうひとつは、熱を加えるような加工を行っていないことなどです。

要するに、何も足さない、何も引かない、自然なままということです。ハチが集めたミツを抽出し、手を加えず、不純物を取り除いた程度のハチミツこそが高級品なんです。

話題のマヌカハニーにも共とおする話で、本物で高価なマヌカはちみつは全て自然なままの状態で売られています。自己免疫疾患がある方は、ボツリヌス菌が混入した蜂蜜を食べると危険です。

というのも、免疫抑制剤の服用を行っている場合です。
体内の免疫力を弱める働きがある訳なので、通常なら腸内細菌が処理するボツリヌス菌も、不活性化されません。つまり、腸内環境が整わない幼児期と一緒で、ボツリヌス症の懸念があるからです。

あと、強い抗菌作用でお馴染みの、マヌカハニーにも一緒のことが言えます。

赤ちゃんには蜂蜜を与えないようにしましょう。蜂蜜にはボツリヌス菌が入り込んでいる場合があり、間違って食べ指せた場合、乳児ボツリヌス症になるリスクが高いです。

大人であれば、腸内細菌との競争にボツリヌス菌が負けるので問題ありまんが、腸内環境が整わない1歳未満のおこちゃまは、ボツリヌス菌をやっつけることが出来ないので、母子手帳にも1歳に満たない赤ちゃんには、蜂蜜を与えないよう注意喚起されています。

マヌカハニーも同じで、一歳未満のお子さんには食べ指せないようにしましょう。
普通の蜂蜜より殺菌作用が強いマヌカハニーなら、5歳以上が無難でしょう。
通常の蜂蜜とマヌカはちみつは何が違うのかと言えば、マヌカだけに含まれる高い抗菌成分、メチルグリオキサールの含有が挙げられます。普通のはちみつにも、多少の殺菌作用がありますが、それプラス、マヌカはちみつ独自の超強力な殺菌成分が入っています。ニュージーランドをはじめとした世界各国では、殺菌活性レベルの高い一部のマヌカハニーを、医薬品として応用し、お医者さんが処方したり、治療薬として用いられます。
耐性を持ったウィルスをも抑制出来ることもあり、マヌカハニーには耐性を造れないとの研究結果も出ています。

入れ物から直接ハチミツを食べるとき、使用するのは大概スプーンだとおもいますが、金属製のスプーンでは、殺菌作用が弱まると言われています。

科学的な根拠は示されていませんけども、心配であれば金属製のスプーンを使わなければ良いだけの話ですね。
強い抗菌成分が売りのマヌカハニーではもっとその傾向が顕著で、別売りで木製スプーンが売られていたり、インターネットショップの注意書きにも、金属製スプーンにNGを出してるケースが見うけられます。マヌカハニーや純粋な蜂蜜を食べるなら、金属のスプーンは使わないほうが無難だと思います。話題になっているマヌカはちみつですが、表示偽装など、偽物も数多く売られています。
本当のマヌカはちみつは、New Zealandのマヌカという木から摂れる天然のハチミツのみで、マヌカハニーにしかない強力な抗菌成分が入っています。
生産量も少なく、一般の蜂蜜とくらべ値段も効果になるはずです。

こういった背景に便乗し、マヌカはちみつと同じ成分だといって粗悪品を販売する業者もいて、本物のマヌカハニーと勘違いして購入する消費者も多いようです。
ニュージーランド原産のマヌカ蜂蜜ですが、マヌカの木(学名:ギョウリョウバイ)については、実は、オーストラリアが発症場所だということです。

マヌカという言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)は、NEW ZEALANDのマオリ族の言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)ですが、同じ成分の蜂蜜が採取できるという理由で、マヌカハニーの商標を争っています。ですが、現段階では、システマチックにブランドを管理しているNew Zealandのみが、本物のマヌカハニーと呼べるでしょう。参考にしたサイト>>>>>ランナーマスク 評判や口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です