に投稿 コメントを残す

胡蝶蘭の育て方で注意するのは寒さと直射日光!

育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭ですが、寒い所が苦手なのは、知っておかなければいけないでしょう。

元々の原産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)は東南アジアの暑い地域ですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、太陽の光が直接当たるのもよくありません。適切な温度は20℃前後と言われていて、置き場所は風通しも考慮してあげないといけないでしょう。環境次第ですが水やりも頻繁におこなう必要が無く、コチョウランの根元の表面が乾燥してきたらコップ1杯程度水やりして下さい。

貰った胡蝶ランが枯れたりしたら、処分に困ってしまいがちですね。

こういったとき、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。

処分が必要になる理由も色々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、一鉢から大量処分まで請け負ってくれるでしょう。サービスに支払うお金が勿体ないと思うのなら、ご自身ですてるしかない訳ですが、手間が掛かっても地域ごとの分別方法に従って細かく仕分けして捨てるしかありません。
胡蝶蘭の育て方ですが、ほとんど手間がかからないんです。お水をあげるのは1週間に一回くらいで済みますし、鉢に植え替える方法も難しくないです。しかし、厳しい寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。後それから、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所については気を付けてあげて下さい。お花のプレゼントが嫌な人は沿ういませんが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来るのです。例えば、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、全ての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、色ごとに個別の花言葉を有しています。
一例としてコチョウランを挙げましたが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることはエラーありません。気になる胡蝶蘭の価格ですが、 相手のシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。どちらにしても、胡蝶ランの価格がフラワーショップ(小売店)より安いのが通信販売で、物によって相場の半額以下で注文出来たりします。

インターネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、生産者からの直送を行っているからです。花の贈り物の場合、ラッピングも重要なのですね例えば、赤いラッピングは豪華な印書言うを与え、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。
昨今のwebショップでは、ほとんどが、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。

コチョウランに沿える立札なども、サービスに含んでいる通信販売店が増えてきています。

入院している人のお見舞いには、 気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)を癒すため、美しいフラワーを贈るのも良いことですが、鉢植えの花は「根を張る」という意味合いでNGです。こちょう蘭を入院してる人に贈る場合は、フラワー束にアレンジするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけないでしょう。そこさえ気を付ければ、胡蝶蘭は花粉もニオイも少ないですから、病室を飾る花としては最上のお見舞い花です。取引先の創立記念日にも胡蝶蘭をお祝いの花にチョイスすることが多いですが、一般的なマナーについてくらいは、知識としておぼえておかないとダメでしょう。
例えば、赤系は火を連想させるので、赤系は避けないといけないでしょう。

あと、立札については絶対に忘れないようにしましょう。誰から届けられたのかを分かりやすく、相手先に手間をかけないようにするためです胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、 分類のする基準のひとつに、フラワーびらのサイズ違いによるものがあります。開業祝いや結婚式で一番目にするのが、花の大きさが一番ビッグな大倫というです。

また、気軽な贈り物や恋人同士のプレゼントなど、花びらの小さいミディ胡蝶蘭があります。選ぶ基準ですが、用途によって変わってきます。
新規オープンなどで花を贈る時の定番はこちょう蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。

昨今、通販サイトを使ってお祝いのフラワーを贈る人も増え、胡蝶蘭を扱う通販サイトもサービスが向上しています。19世紀に東南アジアで発見された胡蝶蘭は、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。
まるで蝶々の様な美しい花ビラをもつところから、胡蝶蘭と名付けられた沿うですが、その美しさや込められたフラワー言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。

ギフトフラワーの通販を利用する時、やはり、生産者である栽培園から直接発送する、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)直送をオススメするのは何故かというと、中間にあるフラワー市場を経由しないので、手基に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。
通販で胡蝶ランを注文する時も同じで、栽培農家からの直送がオススメです。

PR:胡蝶蘭の通販 おすすめ店ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です