に投稿 コメントを残す

ホームセキュリティの選び方を解説してみました

実際にガードマンが駆け付けるホームセキュリティの見積をしてもらう場合、ホームセキュリティーを扱う警備会社の詳細な資料を請求しておきましょう。はじめから営業を呼んで見積させると、うまく言いくるめられて定価で契約させられかねません。

資料請求にはお金もかかりませんし、インターネットで簡単に行えます。

遅くても1週間以内には届くので、警備員の質や企業レベルなどがよくわかります。
何も知らないで説明を聞くより、予習しておくことで営業マンもあなたに一目置くようになります。

ホームセキュリティーに使う機器の性能や形状、駆け付ける警備員の制服など、警備会社のパンフレッドや資料を見ておけば、相手のペースで勝手に進められることはありません。資料請求は無料ですし、損をすることはないでしょう。監視センターの規模や対応力、警備員の数などを見積依頼の前に予習できるメリットは計り知れません。

家族の安全や防犯面を考え、ホームセキュリティの業者を選定するとき、その警備会社のガードマンの対応力や、セキュリティプランのラインナップは確認しておきましょう。

資料請求すると、そこに間取りごとの警備料金や工事代金も載っているので比較の参考になります。駆け付けるガードマンを日本全国に配置できているのは、セコムとALSOKの最大手二社だけになります。私的な意見を申し上げると、この二社の競合が一番だと思っていますが、その他の警備会社にも良いところがあるので、念のため資料を確認しておきましょう。

上記のズバットホームセキュリティーでは、「アルソック「セコム」」のほか、「関電SOS」「TOKYU SECURITY]「全日警」も一括で資料請求できます。各社の警備料金やプランなどが確認できた段階で二社から三社に御見積もり依頼をします。相御お見積もりで競合させることにより、確実に警備料金や価格は安くなります。

資料やパンフレットに載っているのは定価ベースなので、絶対に相見積もりを行ってください。ホームセキュリティーの見積提出は全て無料です。

しかも、ホームセキュリティの契約をして、機器の設置工事が終了してからでないと、お金を請求されることはありません。

何度見積もりを出しなおしてもここまでは全てただです。

ホームセキュリティの契約は5年間にのぼります。

そういうわけで、契約前に納得いくまで交渉する必要があるのです。
ちなみに、お買い上げプランはセキュリティ機器を買い取るプランです。

ホームセキュリティのお買い上げプランなら全てあなたの持ち物になります。
ホームセキュリティーの機器を買い上げているわけですから、解約金も発生しません。

少し話がそれましたが、見積もりまでは無料なのでじっくり検討しましょう。

ご自宅にホームセキュリティーをご検討されてるならはじめはホームセキュリティを扱う会社に見積もりをとらなければなりません。

実際に警備員が駆け付けてくれるホームセキュリティーは、テレビCMでも頻繁に見かけます。

見積をとる前に大事なことは、最初から1社だけに絞ってしまわないことです。

確かにセコムやアルソックは、警備業界のダントツのツートップですが、例えば、アルソックのCMが面白いからと、最初からアルソックだけに見積もりさせては損をしてしまう可能性があります。
警備会社はホームセキュリティの契約が欲しいため、競合させると必ず価格が下がります。アルソックが対応も価格も良さそうだと思っていても、競合させることで大幅に値引きを引き出すことが可能です。相お見積もりの効果は、価格だけでなく、その会社の提案力が良くわかります。

各社の警備仕様の提案力も比較できますし、絶対に相御お見積もりは必要です。ホームセキュリティーにおいては、訪問警備診断から見積もり提出まで全て無償なので、各社複数プランを提出させると良いでしょう。

詳しく調べたい方はこちら⇒セコムとアルソックのホームセキュリティを徹底的に比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です