に投稿 コメントを残す

胡蝶蘭の育て方については他の花と比べても簡単なほうだそうだ

胡蝶蘭の育て方ですが、他の花と比べても簡単なほうです。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、一度花が散っても植え替えすれば毎年花を咲かせるんです。ただ、寒いところは不得意なので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。あと、直射日光もダメなので、置き場所については気を付けてあげて下さい。お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのはわけがあります。

ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、そしてまた、日持ちの良さや香りの少なさも理由に挙げられます。
普通に贈られる花ギフトであれば、1週間も咲きつづけることなく枯れるのが早いですし、こういった事を考えても、一ヶ月~二ヵ月も日持ちする胡蝶蘭(コチョウラン)が好まれているのです。
大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。コチョウランを送る際は、ラッピングも大切ですね例えば、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。人気のある花ギフトの通販店においては、ほぼ全てのケースで、無料のラッピングサービスを行っています。花を送る際のメッセージカードなども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。

胡蝶ランには各種の種類がありますが、 分け方として、花のサイズ別によるものが挙げられます。

開店祝いなどでよく見られるのが、大倫胡蝶蘭と呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。また、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディコチョウランがあります。

どう選ぶかですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。

出店祝いや開店祝いに贈る定番と言えば胡蝶ランですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。

ネットが発達した現代では、通販ショップを使って花を贈る人口も増加し、さまざまなライフシーンに対応した胡蝶蘭の通販店が人気を集めています。
19世紀に東南アジアで発見された胡蝶蘭(コチョウラン)は、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。咲いた花びらが蝶のように美しい様子から、それを見た人が胡蝶蘭(コチョウラン)という名前を付けたそうですが、綺麗さだけでなく花ことば(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。通販の花ギフトを利用するなら、選ぶ基準としては生産者である栽培園から直接発送する、生産農家直送を採用している通販店が良いでしょう。どうして産地直送がお勧めかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、手基に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、中間マージンが無くなり、コスパが良くなることが挙げられます。胡蝶蘭の通信販売も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。
貰った胡蝶蘭が枯れたりしたら、処分に困ってしまいがちですね。
こういったとき、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。胡蝶蘭が不要になる事情はさまざまで、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、どのようなケースにも対応しています。サービスに支払うお金が勿体ないと思うのなら、ご自身の責任で処分するしかありませんが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。入院している人のお見舞いには、 気持ちを和らげるため、花を持っていくのは良いですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。お見舞いにコチョウラン(コチョウラン)を贈りたいなら、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。タブーとされるこの事を理解していれば、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。
育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭(コチョウラン)ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、認識しておきましょう。

胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、明るい日陰で生息しているので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。

人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。水を与えるのは7日~10日に一回程度でよく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉をもつ花を贈ることで、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。一例をあげると、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、胡蝶蘭共通の花ことば、純粋な愛などのほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。

胡蝶蘭に限った話ではないのですが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。

取引先の創立記念日にも胡蝶ランをお祝いの花にチョイスする事が多いでしょうが、最低限のマナーくらいは、知っておいたほうが良いでしょう。例えば、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想させるため、赤系一色の胡蝶蘭は送らないようにしてください。
あと、立札を付けるのを忘れないようにしてください。

贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大切なマナーになります。
スマホ端末の進化に伴い、花ギフトの通販も、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。それだけでなく、キメ細かい対応をしてくれるので、メッセージカードの内容やラッピングまで無料で行ってくれます。

配送についても言えることで、日本国内での素早い配送や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。
花を贈るのも随分と便利になりましたね。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>胡蝶蘭のネットショップなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です