に投稿 コメントを残す

胡蝶蘭に限った話ではありませんがおくられる側のシーンに合わせてフラワー言葉を添える

お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、おくられた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。ひとつ例を挙げると、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、全ての品種に共通するフラワー言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。

胡蝶蘭に限った話ではありませんが、おくられる側のシーンに合わせてフラワー言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることは間ちがいありません。携帯でインターネットが出来るようになった昨今では、花ギフトの通販も、昨今ではスマホ端末で全部完結指せることが可能です。
しかも、キメ細かい対応をしてくれるので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれるはずです。
お届けにについてもそうで、全国スピード配送や条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。花ギフト通販も随分と身近になりましたね。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、寒い所が苦手なのは、知っておかなければいけません。
原産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)は熱帯地域ですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。

15度~20度前後が適切な温度で、風通しが良い場所に置いてあげましょう。

水をあげるのは環境によって1週間~10日に1回程度で、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。色んな種類がある胡蝶蘭ですが、 分類のする基準のひとつに、花のサイズ別によるものが挙げられます。

一番イメージしやすく新規オープンなどで見かけるのが、大倫胡蝶蘭と呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。また、プライベートなお祝いや誕生日など、花びらの小さいミディ胡蝶蘭があります。使い分けですが、用途によって変わってきます。

病院に入院している知人の見舞いとして、 心を落ち着かせる意味で、花を持っていくのは良いですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。

コチョウ欄をお見舞いで持参したい時は、根を切り、花束にするなどして、株が植わった状態で贈るのは絶対に止めておきましょう。
このマナーさえ分かっていれば、香りやフラワー粉があまりない胡蝶蘭であれば、病室を飾る花としては最上のお見舞い花です。ギフトフラワーの通販を利用する時、おすすめは、生産者である栽培園から直接発送する、産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)直送を採用している販売店が一番です。

産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)直送をおすすめするのは何故かというと、中間にある花市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。
胡蝶蘭のオンラインショップを利用する時も同じで、栽培農家からの直送がおすすめです。

お祝いで届いたコチョウ欄が不要になったとき、捨て方も分別が必要になり割と大変です。

そのようなケースで、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。処分する事情は様々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、どのようなケースにも対応しています。
サービスを利用しないのであれば、ご自身ですてるしかないわけですが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。お祝いに贈る花としてこちょうランが人気なのは訳があります。

ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、そして、素敵なフラワー言葉や日もちの良さが挙げられます。
普通のフラワー束は、直ぐにしおれてしまい日もちしませんし、こういった理由からも、一ヶ月~二ヵ月も日もちする胡蝶蘭が好まれているのです。
門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、胡蝶蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。
花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、おめでたい祝いごとだけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。胡蝶蘭という花は、哀しみに暮れる気もちを優しく癒すと言われていて、故人を偲ぶ場であっても、場ちがいにはならないそうです。日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の初まりは、お金もちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブーム(誰も彼もが熱中してしまうわけですが、冷めてしまうのも早いです)が始まりで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、より美しい新種をもとめることになり、胡蝶蘭の原種発見に繋がるわけです。

チョイスする胡蝶蘭の価格は、 相手のシーンや、関係性によって変わってきます。

友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニ胡蝶蘭でも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫こちょうランがいいでしょう。どちらの場合も、胡蝶蘭の価格がフラワーショップ(小売店)より安いのが通販で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。

通販では中間流通を省いたお店が人気で、栽培農家からの産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)直送がおおいためです。

胡蝶蘭の育て方ですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。お水は毎日上げなくても問題ありませんし、一度花が散っても植え替えすれば毎年花を咲かせます。

しかし、寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。

それから、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所は選んであげましょう。取引先などの周年記念にも、こちょうランを祝フラワーに選ぶことが多いようですが、贈り方の慣習などについては、知っておいたほうがいいでしょう。取り合えず、赤系のこちょうランは火をイメージ指せてしまうので、赤系一色の胡蝶蘭は送らないようにしましょう。

後は、立札については絶対に忘れないようにしましょう。誰から届けられたのかを分かりやすく、相手先に手間をかけないようにするためです出店祝いや開店祝いにおくる定番と言えば胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。

近年では、ウェブホームページを活用する方も多くなり、胡蝶蘭の通販専門ホームページのサービスも結構進化しました。
19世紀に東南アジアで発見された胡蝶蘭は、明治時代に日本にもち込まれたそうです。咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、それを見た人がこちょうランという名前を付けたそうですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。こちらもどうぞ>>>>>胡蝶蘭でおすすめな通販ショップランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です