に投稿 コメントを残す

胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが分け方として花のサイズ別によるものがあります

胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、分け方として、花のサイズ別によるものが挙げられます。

開業祝いや結婚式で一番目にするのが、大倫コチョウランと呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。

逆に、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、花びらの小さいミディ胡蝶ランがあります。使い分けですが、相手先の場面や関係性で相応しいものが決まります。フラワーギフトでコチョウランをおくるのは、開業など人生の門出だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。
花言葉に「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭(コチョウラン)は、悲しい気持ちをいやしてくれると言われていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史のはじまりは、ヨーロッパ十九世紀に起こった大欄ブームだそうで、群を抜いたその優美なたたずまいが、様々な品種を探すきっかけになり、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。開店祝いや開業祝で贈る花と言えば胡蝶蘭ですが、自分個人で贈るなら10000円~30000円程度のものでOKです。
ここ最近は、通販ショップを使って花を贈る人口も増加し、色々なライフシーンに対応したコチョウランの通販店が人気です。日本で生まれた花ではないのですが、明治時代に日本に持ち込まれたそうです。

咲いた花びらが蝶のように美しい様子から、名前の由来が来ているのが胡蝶ランですが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。お祝いで届いた胡蝶蘭が不要になったとき、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。そのようなケースで、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。

処分が必要になる理由も色々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、どのようなケースにも対応しています。

業者を使わない場合ですが、ゴミとして出すしかないわけですが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を温かくしてあげる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。コチョウランをお見舞いで持参したい時は、花束にアレンジするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

そこさえ気を付ければ、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。ギフトフラワーの通販を利用する時、やっぱり、生産者である栽培園から直接発送する、生産農家直送を採用している通信販売店が良いでしょう。何故、産地直送が良いかというと、卸市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。ネットで胡蝶蘭を頼む時も同じで、生産者から直接届く、産地直送が一番のお勧めになります。
お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのは訳があります。

一例を挙げるとすれば、蝶が舞い降りたような美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。普通の花束は、数日から1週間程度しか持ちませんし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日持ちするコチョウランが人気なのです。

門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。携帯端末で手軽にネットが出来る今、ギフトフラワーの通販も、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。
それだけでなく、キメ細かい対応をしてくれるので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。
お届けにについてもそうで、全国でのスピーディな配達や、条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。
花を贈るのも随分と便利になりましたね。

育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さに弱いのは、知っておかなければいけません。胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、明るい日陰で生息しているので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。
適切な温度は20℃前後と言われていて、置くとことは通気性も考えてあげましょう。

環境次第ですが水やりも頻繁に行う必要が無く、胡蝶蘭(コチョウラン)の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。気になる胡蝶蘭の値段ですが、 贈る相手の場面や、関係性によって変わってきます。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶ランで良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭(コチョウラン)が良いでしょう。どちらの場合も、胡蝶ランの値段が花屋より安いのがネット販売で、時には6割ほど安く購入出来たりします。通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産者からの直送を行っているからです。

ギフトフラワーの場合、花を包むラッピングも大切です。いくつか例を挙げると、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。
昨今の通販ショップでは、ほぼ全てのケースで、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉を持つ花を贈ることで、より一層の喜びを与えることが出来ます。一例をあげると、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、胡蝶蘭(コチョウラン)共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色別にそれぞれの花言葉をもっています。例としてコチョウランを出しましたが、花の贈り物を贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。

PRサイト:胡蝶蘭のおすすめ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です